異世界漫画紹介

「望まぬ不死の冒険者」は誠実なモンスター冒険者の成長譚

望まぬ不死の冒険者アイキャッチ画像
20210103_CVP画像

「望まぬ不死の冒険者」は、「コミックガルド」で連載されている、ダンジョン探索を題材にした漫画です。

異世界転生ではありませんが、同じ世界で、人間からモンスターに転生する設定の作品です。なろう系小説のコミカライズ作品です。

生まれ変わったら気色悪いモンスターに

戦闘力のないおちこぼれ冒険者のレントは、ダンジョン探索で魔物に襲われて死亡してしまいます。

しかし気がつけば意識が戻り、生き返ったことに気が付きます。しかし自分の姿がスケルトンのモンスターに…というストーリーです。

生き返ってもダンジョン探索への情熱が尽きないレントは、新しい体で戦闘能力を磨き、だんだんと力をつけていく・・というストーリーです。

モンスターに転生する割には最初は弱い

転生によってモンスターに変わる設定は、比較的珍しくありません。

だいたいこういう場合は、転生によってのチート能力を授かりますが、本作は、最初から強いわけではありません。

レントが転生した「スケルトン」は、骸骨のモンスターで、色んな漫画やゲームでよく描かれますが基本ザコキャラです。

望まぬ不死の冒険者紹介画像
(出典:「望まぬ不死の冒険者」)
※主人公レントの転生直後の姿。モンスターではありません。

実際レントも、最初はあまり強くはありませんが、元人間というところから、思わぬ力を発揮できるようになります。

 

モンスターを倒しながら段々と成長し、スケルトンからグールへと、段々と上位魔族に育っていきます。

これまでは戦闘力がなかった彼ですが、強くなることで冒険者としてこれまで出来なかったような成果が挙げられるようになります。

このようなレントの成長ぶりが丁寧に描かれており、設定に納得しながら主人公の成長を楽しめます。

意外なモテ展開

転生系の漫画だと、新しくなることでスペックが上がり、結果モテモテになるという現象が起きます。

レントもご多聞に漏れず、同じようにモテ現象が起きてくるのですが、彼は元がスケルトンなので、外見でモテるわけではありません。

彼は、誠実さで女性のハートを掴みます。

レントは生前、戦闘力がないため、大きな成果を上げることができませんでしたが、コツコツと地道な成果をあげ続けていました。

そんな彼を、ギルドの受付嬢や、親交のあった学者が慕っており、物語が進むにつれて恋愛的な要素も出てくるのが面白いところです。

意外な恋愛要素も

第一話を読んだ時点では、まさかスケルトンの恋愛模様が見られるなんてことは予想できませんでしたが、このように、レントの恋愛模様も楽しめる展開になっています。

恋愛ものとして本作を見た場合は、正ヒロインはおそらく「魔女」だと私は思います。

 

生前のレントが親交のあった彼女は、人体実験のような怪しいことも行っている学者で、周りからは「魔女」と呼ばれています。

しかし、彼女はレントがモンスターに転生したこともすんなり受け入れ、現実的なのでアドバイスをしてくれるなど、親身になってくれます。

 

そして、一見クールで色恋には興味がなさそうな彼女ですが、レントへの実にさり気ない愛情アピールがなかなか切ないです。

それも、大人が見るような恋愛ドラマのような、さりげないアピールぶりが面白いです。

ちなみにレントは冒険馬鹿なので、そんなさりげない言葉では、全く気づかず、会話が噛み合いません笑

わかりにくアピールしかできない魔女と、冒険バカなモンスターの恋の行方がどうなるのかも楽しみです。

モンスターの丁寧な成長物語を楽しみたい人にオススメ

以上、「望まぬ不死の冒険者」の紹介でした。

無双度:★★★
ハーレム度:★★
ギャグ度:★
シリアス度:★★
色気度:★★★
バトル度:★★★★
スローライフ度:★★

不死系モンスターが、理性を持って成長していく様子を楽しみたい人にオススメ

誠実な冒険者が、だんだん成果を上げられるようになる展開が好きなひとにオススメ

大人な女性と、少年のようなモンスターの、もどかしい恋愛ものを読みたい人にオススメ

異世界漫画を読むなら電子書籍がオススメ

電子書籍オススメバナーアイキャッチ画像

紙の本と比較すると、電子書籍には、

  • マイナーな作品が多い異世界漫画でも、在庫切れの心配がなく、買ったらすぐ読める。
  • スマホやタブレッドなどを使えばどこでも気軽に読める。
  • 漫画を置くスペースが不要で、部屋に人を呼んでも本棚を見られない。

というメリットがあります。

 

「でも、たくさんある電子書籍ストアの中で、どれを選んだらいいの・・?」

という人に向けて、異世界漫画を読むのにオススメの電子書籍ストアを調査しました。

 

色々な電子書籍ストアに手当たり次第会員登録して、実感したそれぞれの特色やメリットをまとめています。

 

オススメの電子書籍ストア・詳細はこちら

   
RELATED POST