異世界漫画紹介

「迷宮ブラックカンパニー」はブラック企業×異世界という異色の漫画

迷宮ブラックカンパニーアイキャッチ画像
20210103_CVP画像

「迷宮ブラックカンパニー」は、webサイト「マグコミ」で連載されている、異世界転生ジャンルの作品です。

異世界転生ジャンルとしては、かなり異色で、ダンジョン探索とブラック企業を舞台にした作品です。

富豪生活から一転して極貧生活へ

二ノ宮キンジは、不労所得で働かずとも優雅に暮らしていける生活を作り上げることに成功しましたが、その途端に異世界へ転移してしまいます。

その世界でも、同じように金持ちになろうと画策しますが失敗に終わり、ダンジョン探索を行う仕事に駆り出されます。

そこでは、ほぼ休みなし・低賃金・過酷な肉体労働という典型的なブラック企業。

そのような環境での二ノ宮悪戦苦闘ぶりを楽しめるギャグ要素強めの作品です。

ブラック企業に負けじとあくどい二ノ宮

「ブラックな環境と戦う主人公」と言うと、正義感の強いタイプになりがちですがが、二ノ宮は違います。

いかに「自分が楽して稼ぐか」という考えが強く、儲けが出そうな方法を考えては他人を巻き込み(うまく利用し)ます。

自分が成功するためには他人を利用したり、騙すことも珍しくありません。

だいたいその場合は、後から報いを受けていますが笑

「毒をもって毒を制す」という言葉が在りますが、まさに言葉通りの、二ノ宮と企業のゲスな戦いが楽しめます。

「こち亀」のようなドタバタ

このような二ノ宮の悪戦苦闘ぶりが楽しめる本作は、ギャグテイストが強く、笑える展開が多くあります。

二ノ宮の於かれた環境は、一日14時間労働の休みもロクになし、毎月手元に残るお金が一万円と過酷ですが、明るいトーンでコミカルに描いているので楽しく読めます。

迷宮ブラックカンパニーアイキャッチ画像
(出典:「迷宮ブラックカンパニー」)

また、二ノ宮が儲ける方法を考えて、最初はうまく行くけどハプニングがあって失敗する…という展開も多くあります。

そのあたりは「こち亀」のような楽しさがあります。

ファンタジー世界のブラック企業はこんな感じ?

このように本作は、ブラック企業で悪戦苦闘するストーリーですが、一応勇者が登場するなど、ファンタジー世界の要素もあります。

また、ドラゴンやモンスターなどの、剣と魔法の世界観を反映したファンタジー要素もあります。

 

とはいえ、話の展開としては、下っ端労働者からの一発逆転、幹部候補生としてのブラック研修からの逆襲、などなど、現代社会のブラック企業を題材にしています。

自らの利益のために、主人公たち労働者をこき使おうとする会社側と、卑劣な手を使ってでもそこから這い上がろうとする主人公の、いわば資本主義バトルが展開されます。

異世界転生モノはバトルやスローライフが多いですが、そういうテンプレ的な異世界転生マンガに飽きた人には特に楽しめるマンガでしょう。

「剣と魔法×ブラック企業」設定に興味がある人にオススメ

以上、「迷宮ブラックカンパニー」の紹介でした。

無双度:★
ハーレム度:★
ギャグ度:★★★★
シリアス度:★★
色気度:★★
バトル度:★★
スローライフ度:★

普通の異世界転生マンガに飽きた人にオススメ

ファンタジー世界にブラック企業があったらどんな感じになるか見てみたい人にオススメ

「こち亀」のようなドタバタなギャグマンガが好きな人にオススメ

異世界漫画を読むなら電子書籍がオススメ

電子書籍オススメバナーアイキャッチ画像

紙の本と比較すると、電子書籍には、

  • マイナーな作品が多い異世界漫画でも、在庫切れの心配がなく、買ったらすぐ読める。
  • スマホやタブレッドなどを使えばどこでも気軽に読める。
  • 漫画を置くスペースが不要で、部屋に人を呼んでも本棚を見られない。

というメリットがあります。

 

「でも、たくさんある電子書籍ストアの中で、どれを選んだらいいの・・?」

という人に向けて、異世界漫画を読むのにオススメの電子書籍ストアを調査しました。

 

色々な電子書籍ストアに手当たり次第会員登録して、実感したそれぞれの特色やメリットをまとめています。

 

オススメの電子書籍ストア・詳細はこちら

   
RELATED POST