異世界漫画紹介

「この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる」残念なイケメン主人公が面白い

この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎるアイキャッチ画像
20210103_CVP画像

「この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる」は、コミックドラゴンエイジで連載されている異世界転生マンガです。

ライトノベルのコミカライズ作品で、バトルとギャグが中心の作品です。

 

救済の難易度が高い世界を任されている新人女神のクリスタルテは、異世界からの勇者召喚によって世界を救おうとします。

たくさんの候補の中から彼女が見つけ出したのは、「竜宮院聖哉」というハイスペックの人物を見つけます。

聖哉を召喚したところ、背の高くイケメンな男の子。

クリスタルテは聖哉とともに世界を救うべく旅に出ようとしますが、彼の「ありえないくらい慎重」という性格に振り回され・・・というストーリーです。

女神がメインキャラという意外な設定

異世界召喚の作品としては珍しく、神サイドの視点から物語が始まり、女神も転生者とともに冒険します。

この設定は、ありそうで意外となかったパターンです。

クリスタルテは、召喚した勇者である聖哉と行動をともにし、彼の慎重さにツッコミを入れたり、振り回される立場になります。

クリスタルテの他にも、ベテラン女神や武勇の神など、色々な神が登場し、聖哉に振り回される展開になります。

魔王を倒すというテンプレ的な目的がありつつも、異常に慎重な勇者と、それに振り回される神々という展開になると思います。

竜宮院聖哉の異常な生態

神がメインキャラになるというところも本作の特徴ですが、最大の特徴は何といっても主人公の聖哉の慎重すぎる性格でしょう。

代表的な行動をいくつか挙げます。

神の間でひたすらトレーニング

異世界転生マンガで神から召喚された場合、いきなり異世界のフィールドではなく、いわゆる「神の間」で異世界転生の説明を受けます。

その後、話もそこそこに異世界に旅立つ・・という展開になりますが、聖哉はすぐには旅立たず、まずは「神の間」でひたすらトレーニングをします。

何もない空間で一週間ほど筋トレに励み、ステータスをバキバキに磨いてから旅立ちます。

食べ物は毒を疑う

修行する聖哉にクリスタルテがおにぎりを差し入れますが、毒物が入っていないかを疑います。

クリスタルテが目の前で食べて見せても、「即効性の毒は入っていないか」と遅効性の毒を疑う徹底っぷり。

この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる紹介画像
(出典:「この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる」)

※まるで忍です。

ちなみに最初の町で無邪気な少女から渡されるアイテムも呪いのアイテムではないかと疑います。

鎧は三つ買う

訪れた最初の町で、聖哉ば武具を揃えます。店で鎧を買うのですが、一つではなく3つ購入します。

「着る用」「スペア」「スペアのスペア」を確保するのが彼流です。

たまにトイレットペーパーや洗剤を家に大量ストックする人がいますが、それに近いですかね。

ギャグだけでなく、バトルや冒険も楽しめる

本作はこのように、「慎重な勇者とそれに振り回される女神」という関係を軸にした、ギャグ強めの作品です。

ただ、ギャグだけでなく、バトルや冒険展開もあります。

 

ただし、何をするにしても聖哉の異常な慎重さにツッコミが入るような展開が楽しめます。

また、聖哉は黒髪のイケメンでかっこいいキャラです。

そんな聖哉の慎重すぎるところが、隙のない見た目とのギャップを生んでいます。それも本作の魅力になっているかもしれません。

多少残念なイケメン主人公が好きな人にオススメ

以上、「この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる」の紹介でした。

無双度:★★★★
ハーレム度:★★
ギャグ度:★★★★★
シリアス度:★
色気度:★★
バトル度:★★★★
スローライフ度:★

ギャグ多めのバトル漫画が好きな人にオススメ

ガチガチに準備をしたうえでのチートが好きな人にオススメ

女神や神々キャラが多く登場するマンガを読んでみたい人にオススメ

異世界漫画を読むなら電子書籍がオススメ

電子書籍オススメバナーアイキャッチ画像

紙の本と比較すると、電子書籍には、

  • マイナーな作品が多い異世界漫画でも、在庫切れの心配がなく、買ったらすぐ読める。
  • スマホやタブレッドなどを使えばどこでも気軽に読める。
  • 漫画を置くスペースが不要で、部屋に人を呼んでも本棚を見られない。

というメリットがあります。

 

「でも、たくさんある電子書籍ストアの中で、どれを選んだらいいの・・?」

という人に向けて、異世界漫画を読むのにオススメの電子書籍ストアを調査しました。

 

色々な電子書籍ストアに手当たり次第会員登録して、実感したそれぞれの特色やメリットをまとめています。

 

オススメの電子書籍ストア・詳細はこちら

   
RELATED POST