異世界漫画紹介

「ポンコツが転生したら存外最強」ビジュアルとフレーズが秀逸なギャグマンガ

ポンコツが転生したら存外最強アイキャッチ画像
20210103_CVP画像

「ポンコツが転生したら存外最強」は「マガポケ」に掲載されている異世界転生マンガです。

異世界での冒険をテーマにしたギャグマンガです。

 

顔はかわいいけどポンコツで力が以上に強い早苗と、おしとやかで包容力のある(スタイルもよい)加奈の2人を幼馴染にもつ翔太は、トラックにひかれるというテンプレ的な事故にあい、異世界に転生してしまいます。

そこでは3人それぞれにポンコツなスキル(しかし使いようによっては最強)が与えられ、異世界になんとか順応していきます。

そして、様々な人たちを出会い、ポンコツぶりを発揮しながら異世界を救っていく・・というストーリーです。

ギャグのレベルが非常に高い

本作は、異世界転生モノで、バトルと冒険がベースのストーリーになっていますが、ジャンルとしてはギャグ漫画です。

異世界に転生し、モンスターを倒したり、人々を助けるという王道の展開をベースにしています。

しかし、主人公たち3人のキャラクターが三者三様で、それぞれの特徴を生かした、特徴的なスキルを使って活躍していきます。

 

そして、ギャグ漫画としてのレベルが高いのが本作の特徴です。その特徴は以下の2点です。

ビジュアルで笑わせる

ビジュアルで笑わせるマンガという特性を生かし、出オチ的に画像だけで笑える描写が多くありますす。

たとえばこれ↓

襲ってくるゴブリンを倒そうとして、早苗が転んだ拍子に地割れが起きた後のシーンです。
ポンコツが転生したら存外最強紹介画像フリ1
ポンコツが転生したら存外最強フリ2
ポンコツが転生したら存外最強オチ
(出典:「ポンコツが転生したら存外最強」)

全体的に絵柄やキャラクター達の性格はおっとりしていてポップな雰囲気なのですが、早苗が無双するところで突然残虐な描写になります。

ホラーマンガなならびっくりするところなのですが、本作では、ほんわかした雰囲気とのギャップによって笑えるポイントになっています。

ツッコミフレーズが秀逸

フレーズが秀逸最近のお笑いでは、本来笑いを起こさない「ツッコミ」役の人が、ツッコむフレーズによって笑いを生み出すケースが増えています。

南海キャンディーズの山ちゃんや、千鳥のノブが代表的な例です。

本作のツッコミも、センスが高いものが多く、それだけで笑えるものも多くあります。

ポンコツが転生したら存外最強ツッコミ
(出典:「ポンコツが転生したら存外最強」)

このように、お笑いのセンスが非常にたかく、純粋にギャグマンガとしてのレベルが高いところが本作の魅力です。

 

絵柄的には大人よりも中高生向けであるような気がしますが、お笑いのレベルの高さや、残酷なシーンをギャグとして描いているので、本作の魅力を本当に味わえるのはどちらかというと大人だと思います。

レベルの高いギャグマンガが好きな人は、絵柄で敬遠せずにぜひ読んでほしい作品です。

異世界転生モノの要素もしっかり

このように、ギャグ要素が満点ですが、異世界転生モノらしく、主人公の翔太がしっかしモテモテになっています。

早苗と加奈、二人の幼馴染からは思いを寄せられ、異世界でも妹や母親キャラが現れ、翔太にそれぞれなりの愛を向けます。

それに嫉妬する幼馴染・・という構図になっています。

ギャグ優先の作品なので、幼馴染2人と恋愛的に進展することは考えにくいですが、このような三角関係も本作の楽しみになっています。

異世界が舞台のギャグマンガが好きな人にオススメ

以上、「ポンコツが転生したら存外最強」の紹介でした。

無双度:★★★★
ハーレム度★★★★
ギャグ度:★★★★★
シリアス度:★★★
色気度:★★★
バトル度:★★★★
スローライフ度:★

幼馴染2人に惚れられているハーレム主人公展開が好きな人にオススメ

突然リアルなビジュアルで笑わせるギャグマンガが好きな人にオススメ

突っ込みフレーズが秀逸なギャグマンガが好きな人にオススメ

異世界漫画を読むなら電子書籍がオススメ

電子書籍オススメバナーアイキャッチ画像

紙の本と比較すると、電子書籍には、

  • マイナーな作品が多い異世界漫画でも、在庫切れの心配がなく、買ったらすぐ読める。
  • スマホやタブレッドなどを使えばどこでも気軽に読める。
  • 漫画を置くスペースが不要で、部屋に人を呼んでも本棚を見られない。

というメリットがあります。

 

「でも、たくさんある電子書籍ストアの中で、どれを選んだらいいの・・?」

という人に向けて、異世界漫画を読むのにオススメの電子書籍ストアを調査しました。

 

色々な電子書籍ストアに手当たり次第会員登録して、実感したそれぞれの特色やメリットをまとめています。

 

オススメの電子書籍ストア・詳細はこちら

   
RELATED POST