サイト・アプリ紹介

「マンガUP!」の魅力・使い方・複数端末の利用法・データ引継まとめたよ!

マンガUPアイキャッチ画像
20210103_CVP画像

最近は漫画を無料で読めるアプリが増えていますが、アプリによって扱う作品は様々です。

「異世界マンガがたくさん読めるアプリはどれだろう?」と悩んでいませんか?

そんな人にオススメなのが、「マンガUP」というマンガアプリです。

 

このサイトでもたくさんの異世界マンガを紹介していますが、そのなかでも、「マンガUP」で連載されている作品もたくさんあります。

そのため、異世界マンガをたくさん読みたい人にイチオシなのが、この「マンガUP」です。

この記事では、

  • マンガUPの紹介
  • マンガUPの良いところ、惜しいところ
  • マンガUPの色々な機能
  • 無料でお得に読む方法
  • データ引継ぎの方法
  • マンガUPオリジナル連載のオススメ作品

を紹介していきます。

ちなみに、問合せが多い「データ引継ぎはどうするの?」という質問については、こちら(記事内リンク)にまとめています。

「マンガUP」とは

「マンガUP」は、「SQUARE ENIX」(以下「スクエニ」)が運営しているマンガアプリです。

利用するためには、アプリをダウンロードする必要があります。

他のマンガアプリでは、色々な出版社の作品を掲載していることが多いですが、マンガUPは、スクエニが出版・運営している「月刊少年ガンガン」や、「ガンガンONLINE」などに掲載されているマンガのみを取り扱っています。

 

マンガを読むためには「MP」「コイン」のどちらかが必要です。

そのうち「MP」は、毎日8時と20時に回復します。

また、動画を見たり、ミッションを達成することで、「MP+」を取得することができ、「MP」と同じように消費して漫画を読むことができます。

「コイン」は課金することで手に入れることができます。

 

このうち、「MP」をゲットできる機会が多く、「MP+」は無料で入手する方法が多いため、無料でたくさんの作品を読むことができます。

もちろん、自分のペースでどんどん読み進めたい人は、課金すれば読むことができます。

「コイン」でしか読めない作品はなく、どんな作品でもMP+があれば、すべて読むことができるのも魅力です。

マンガUP公式ページへ

マンガUPの優れている点

このような特徴のあるマンガUPですが、他の同じようなマンガアプリと比べて優れている点をまとめました。

スクエニ出版マンガに特化

運営元がスクエニということもあって、「ガンガン」系の漫画に特化しています。

他のアプリやサイトでも、スクエニ系の漫画を読むことはできますが、本家本元のスクエニ自身が運営しているだけあって、作品数が充実していたり、新連載の反映も早いと思います。

同系の漫画が好きな人は、それだけで利用する価値があります。

 

また、一部のマンガアプリは、有名なマンガを扱ってないことがありますが、マンガUPはスクエニ系であれば、「鋼の錬金術士」や「ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章」など、有名な漫画をきちんと扱っています。

異世界マンガ(なろう系小説のコミカライズ)作品が多い

スクエニ系の漫画以外にも、マンガUPオリジナルの作品が多く連載されています。

この、マンガUPオリジナル作品に、異世界マンガがとにかく多く、なろう系小説のコミカライズ作品が豊富です。

失格紋の最強賢者」「転生賢者の異世界ライフ」など、TUTAYAなGEOなどのレンタルコミック店でも取り上げられるような作品があります。

新しい作品が連載されるペースも早く、異世界マンガ好きにはたまらないアプリだと思います。

無料でたくさん読める

マンガアプリには、「最初の数話だけ有料・続きを読みたいなら課金が必要」というものが少なくありません。

そのなかでマンガUPは、マンガを読むために消費するMPが毎日回復するので、毎日無料で読むことができます。

 

また、同じようなタイプの代表例として、「LINEマンガ」がありますが、こちらは(ほぼ)24時間でポイントが回復するので、基本一日一話です。

しかし、マンガUPは毎日2回、回復するので、無料で読めるポイントが多いです。

また、一度MPが尽きても、CMを見ることでさらに一話分見ることができます。

 

さらに、1日2回、動画を見ることでゲットできる「MP+」というものもあり、これはインストール直後にたくさん与えられます。

このように、他の同じようなアプリに比べて、無料で読みやすいのが優れているでしょう。

マンガアプリを利用するときに、「無料で読める話が多いかどうか」を基準にしている人も多いはずです。

マンガUPはその点でかなりオススメできます。

マンガUP公式ページへ

マンガUPの惜しい点

マンガUPには良い点ばかりではなく、他のアプリに比べて惜しい点もあります。利用する際には、以下の点も念頭に置く必要があります。

スクエニ系以外の漫画がほとんどない

マンガUPはスクエニ系の漫画に特化している一方、それ以外の漫画はほとんど扱っていません。

「コミックシーモア」やLINEマンガなどは、幅広い出版社の漫画を取り扱っていますが、マンガUPはガンガン系以外の作品が極端に少ないです。

好きな人にはたまらないアプリですが、そうでない人にとっては意味のないものになってしまいます。

個人的には、無料で読める範囲が多いので、ガンガンに縁がなかった人でも試しに読んでもらいたいと思いますが

たまに読み込みが重いと感じる

使っているスマホなどの性能や、通信環境によって差があるでしょうが、古い端末を使っている私としては、たまに読み込み速度が遅くなるのが気になります。

一度にたくさんの作品を読もうとすると、だんだんページの読み込み速度が遅くなってしまうのが気になります。

とはいえ、新しい端末や通信環境の人は気にならないかもしれません。

新しいアプリなので、未整備部分が目立つ

マンガUPは、2017年に生まれたアプリで、マンガアプリのなかでは古い方ではありません。

ガンガン系の漫画を扱っているにしても、古い作品のアーカイブがまだ少なかったり、UI(ユーザーインターフェイス)がわかりにくく、必要な情報が探しにくい、と感じることもあります。

といっても、慣れてこれば苦には感じなくなります。

 

特に、データの引継ぎ用に専用アカウントを作る際の操作が少々手間で、注意が必要です。(やり方はこちらで解説しています。)

 

このような気になる点はありますが、どれも人によっては気にならないこともあると思います。

なんといっても無料で読める話が多いので、スクエニ系の漫画が好きな人は、まずは入れてみて使ってみることをオススメします。

マンガUPの色々な機能を使いこなそう

このようなマンガUPですが、細かい機能に詳しくなることで、さらに楽しむことができます。

どれも理解してしまえば難しい話ではありません。

紹介したい機能は以下の4つです。

  • 先読み機能
  • 閲覧履歴
  • 検索機能
  • プロフィール登録

「先読み機能」とは

マンガUPを読んでいると、ちょくちょく「先読み機能」という言葉がでてきます。

マンガUP先読み機能紹介画像

これはどういう意味なのでしょうか。

マンガUPで掲載されている作品の中には、「この先アップ予定の話」を先に読んでもいいよ」としているものもあります。

これを「先読み」としています。

すべての作品を先読みOKとしているわけではなさそうです。

 

先読みにはMP+やコインを使うので、読むかどうかは少し考える必要がありますが、気に入ったマンガは早く先が読みたいもの。

「続きが早く読みたい!」という希望を叶えるための機能と、考えてよいでしょう。

 

ちなみに、完結済みの長編人気作品で、掲載を始めたばかりの場合、大量の先読み話が存在することががあります。

この場合、すべての先読み話を読もうとしたら大量のMP+やコインが必要になるので、GEOやTUTAYAなどで漫画をレンタルした方が安く済むかもしれません。注意が必要です。

閲覧履歴で過去に読んだ作品を呼び出せる

過去に自分がどんな作品を読んだか確認したり、前に自分が読んだ漫画をもう一回見たいというときには、閲覧履歴を利用するとよいでしょう。

トップ画面のメニュー(三本線)をクリックし、出てくるメニューから「閲覧履歴」を押しましょう。

左上の三本線がメニューボタンです。
マンガアップメニュー紹介画像

出てくる画面の下部に「閲覧履歴」があります。
マンガUP閲覧履歴説明画像

そうすると過去に読んだ作品が、時系列に一覧となっているのを見ることができます。

検索機能で作品を見つけよう

マンガUPのトップ画面だけしか知らないと、「編集部のオススメ」や「最近更新した作品」しか選べません。

あなたが見たい作品がある場合は、「検索機能」を使う必要があります。

検索機能は、トップページの右上の虫眼鏡マークを押すと利用できます。

この検索マークをタップすると検索画面が開きます
マンガUP検索機能紹介画像
「作品名」のところにタイトルの一部を入力しましょう
マンガUP作品名入力画像

このような画面が出てくるので、虫眼鏡の右側をクリックしてタイトルの一部を入力することで、作品を検索できます。

また、この画面からは、ジャンルから作品を探すことができるので、特定のジャンルの漫画を探したいときも役立ちます。

プロフィール登録で自分に合った作品が紹介される

マンガUPでは、最初にあなたの性別や年齢、好きなジャンルを登録する画面になると思います。

この情報を入力することで、トップ画面下部にある、「あなたへのオススメ!」に表示される作品が、あなたにあったものに変更されます。

マンガUPあなたへのオススメ紹介画像

氏名や住んでいる場所などの個人情報を登録する必要がないので、登録しておくことをオススメします。

 

なお、インストール後でも、メニュー画面から変更することができます。

メニュー>設定を選択

マンガUP設定紹介画像

一番上、「登録情報の変更」を押すことで、あなたのプロフィール登録内容の変更ができます。

マンガUP登録情報画像

無料でたくさん読むためのカギは「MP+」

マンガUPの優れている点の一つとして、「無料で読みやすい」ということを紹介していました。

マンガUPでは、「MP+」というポイントをうまく稼ぐことによって、無料でたくさん読むことができます。

 

MP+というのは、MPとコインの中間のような存在で、MPのように時間で回復するものではないですが、MPでは読めない話を読むことができるポイントです。

つまり、コインに近い性質を持っているのですが、コインとは違って、課金せずにゲットすることができます。

 

そんなMP+を効果的にゲットすれば、課金せずに色々な話を読むことができます。

MP+をゲットするためには、以下の3つの方法があります。

動画CMを見る

MPが回復するタイミングと同じく、1日2回、動画を見ることでMP+をゲットすることができます。

15秒~30秒くらいなのでそんなに苦にはなりません。全画面で表示されるので、右上の×マークが現れるので、それを押して終了させましょう。

(マークが小さいので、最初は見つけるのに手間取るかもしれません)

 

ちなみに、全てのMP+を使い切ったときに、動画を見ることでMP+をゲットするチャンスが一日に合計6回あります。

毎回MP+を使い切るなら、一日合計10話分ものポイントを無料で稼ぐこともできるのです。

クエストをクリアする

トップ画面の頭に、「クエスト」というものがあり、各条件をクリアすることでMP+をゲットすることができます。

下の図で、「クエスト」をタップすると、クエスト画面が開きます。
マンガUPクエスト紹介画像

累積ログイン日数や、特定の作品を読むことでゲットできるため、あまり苦なくクリアすることが出来るでしょう。

ただし、クエストの内容がは多くないので、ヘビーユーザーにとっては簡単に全制覇できてしまうかもしれません。今後の充実に期待しましょう。

逆に、クエストをあまり気にしていないライトユーザーは、たまにクエストを確認するとMP+をゲットできるかしれません。こまめにチェックしましょう。

サイト登録をする

トップ画面などに、「無料でMP+を大量ゲット」というバナーがあります。

黒枠で囲まれているところがバナーです。
マンガUPMP+ゲットバナー紹介画像

これをクリックすることで、色々なサイトに登録することで、大量のMP+をゲットすることができます。

ただし、登録するのに無料のサイトもたくさんありますが、なかには月額料金がかかるサイトだったり、途中から月額料金がかかるものもあります。

登録する際には、十分注意してください。

サイト登録に抵抗がない人や、これから登録したいサービスがたまたまあった場合は、このキャンペーンを利用するとMP+をゲットできます。

 

このようにMP+をゲットすることで、無料で見られる話が増えます。

毎日のMP消費に加えて、さらに多く読むのもいいですし、MPでは読めない話を読むために使うのもオススメです。

マンガUP公式ページへ

複数端末を使ってよりお得に読む裏技

このように、MP+を稼ぐことで無料で読むことができますが、それ以外に、無料で読める話をさらに増やす裏ワザがあります。

それは、複数の端末で別々にインストールする、という方法です。

スマホやタブレットを複数持っている人限定のワザになりますが・・・

 

たとえば、「LINEマンガ」は、LINEアカウントと紐づいているため、複数の端末にインストールしても、持っている無料ポイントは共通します。

 

しかし、マンガUPでは、LINEアカウントのようなものはないので、別々の端末にインストールした場合、別々にMPやMP+を得ることができます。

つまり、インストールした端末分だけMPを得ることができます。

そのため、スマホで1話~2話を読み、タブレッドの方で3話~4話を読む・・・という荒業も可能です。

また、スマホで「鋼の錬金術師」を読み、タブレッドで「ゴブリンスレイヤー」を読む、ということもできるでしょう。

ただし、一度この方法で読んでしまうと、その端末はデータ引継ぎ先にはできません。

日ごろから複数端末を使っている人はいいですが、端末の買い替えなどでデータを引き継ぎたい場合には、この方法は利用せず、データの引継ぎをした方がいいです。

他の端末にデータを引き継ぐ方法

課金などするヘビーユーザーになると、携帯端末を買い替えるときに、マンガUP上のデータを引き継ぎたくなると思います。

マンガUPでも、データの引継ぎは可能ですが、少々手間がかかります。

注意点が多いので、時間と精神の余裕があるときに取り組むことをおすすめします。

新しい端末にデータを引き継ぐには、以下の2つのステップが必要です。

  1. 引継ぎ元の端末で、「SQUARE ENIX ACCOUNT」を作成する
  2. 引継ぎ元の端末で、「SQUARE ENIX ACCOUNT」にログインする
  3. 引継ぎ先で「マンガUP」をインストールし、引継ぎ操作をする

 

引継ぎ元の端末で、「SQUARE ENIX ACCOUNT」を作成する

マンガUPのホーム画面の三本線マーク>設定(歯車のマーク)>その他>データバックアップと進みます。

マンガアップデータ引継ぎ①
※ホーム画面の三本線マーク→歯車のマークを押すと、上記の画面になります。

 

以下の画面になるので、画面下部の「規約に同意してSQUARE ENIX ACCOUNTで登録」を押します。

マンガアップデータ引継ぎ②

 

画面が切り替わるので、「スクウェア・エニックス アカウント新規登録」を押します。

マンガアップデータ引継ぎ③

 

アカウントを作成する画面に移ります。IDやパスワードメールアドレスを入力して、「次へ」を押します。

マンガアップデータ引継ぎ④

 

画面が切り替わり、認証コードを入力する画面になります。前の画面で登録したメールアドレスに、確認コードが載ったメールが届くので、入力しましょう。

マンガアップデータ引継ぎ⑤

メールの確認は別端末(パソコンなど)でやった方がいいです。

上の画面の状態で、一度ブラウザを閉じてしまうと、一つ前の入力画面に戻ってしまい、コード入力画面に入れなくなることがあります。

 

下のような画面になり、登録が完了します。

マンガアップの引継ぎ⑥

 

ちなみに、アカウントの作成は、パソコン上(ここから飛べます)でも可能です。

スマホや端末だとうまくいかない場合は、パソコン上でやってみましょう。

引継ぎ元の端末で、「SQUARE ENIX ACCOUNT」にログインする

ホーム画面の三本線マーク>設定(歯車のマーク)>その他>データバックアップを押し、先ほど同じように、SQUARE ENIX のサイトに飛びます。

すると、以下のような画面になるので、さきほど登録したIDとパスワードを入力し、ログインします。

マンガアップデータ引継ぎ⑦

 

無事ログインができると、以下のような画面になり、ログイン成功です。

マンガアップの引継ぎ⑧

引継ぎ先で「マンガUP」をインストールし、引継ぎ操作をする

いよいよ最後の工程です。

引継ぎ先のアプリで、マンガUPをインストールすると、最初の画面で出てくる「引き継ぎ」のボタンを押しましょう。

ちなみに、この画面以外でデータを引き継ぐ方法はありません。

そして、この画面が出るのは、最初にインストールした直後だけです。

リセマラ防止の観点から、アプリを削除して入れなおしても、最初の画面はでてきません。

絶っっっ対に押し逃さないようにしてください!!!!

引き継ぎボタンを押したら、「SQUARE ENIX ACCOUNTでバックアップ」を押し、作成したアカウントでログインすると、新しい端末にデータが引き継がれます。

 

以上のステップで、データの引継ぎができます。

お疲れさまでした。

 

スクエニ系漫画に特化した、無料で多く読めるアプリ

以上、マンガアプリ「マンガUP」のご紹介をしてきました。

スクエニ系の作品に特化しており、ほかの漫画アプリよりも無料で読める作品が多いことが特徴です。

色々な機能を使いこなせば、さらに便利にマンガを楽しむことができます。

ガンガンが好きな人や、「なろう系」小説のコミカライズ作品が好きな人には特におすすめしたいアプリです。

マンガUP公式ページへ

異世界漫画を読むなら電子書籍がオススメ

電子書籍オススメバナーアイキャッチ画像

紙の本と比較すると、電子書籍には、

  • マイナーな作品が多い異世界漫画でも、在庫切れの心配がなく、買ったらすぐ読める。
  • スマホやタブレッドなどを使えばどこでも気軽に読める。
  • 漫画を置くスペースが不要で、部屋に人を呼んでも本棚を見られない。

というメリットがあります。

 

「でも、たくさんある電子書籍ストアの中で、どれを選んだらいいの・・?」

という人に向けて、異世界漫画を読むのにオススメの電子書籍ストアを調査しました。

 

色々な電子書籍ストアに手当たり次第会員登録して、実感したそれぞれの特色やメリットをまとめています。

 

オススメの電子書籍ストア・詳細はこちら